社宅ROCK!

サラリーマン×ROCK。社宅からエモを叫びます。

【ギタボ塾】弾きながら歌うコツ(リズム編)

このギタボ塾では、ギターボーカルの方の参考になるような情報をお届けしていきたいと思います。
ギタボの技術はなかなか言語化し辛い部分も多く、その分出来ない時には悩んでしまう人も多いかと思います。少しでもそんな方々の助けになればと思いなんとか言語化していくので、よろしければ参考にしてください。

初回の今回は、正しいリズムで弾きながら歌うためのコツについてお話しします。
「弾きながら歌う技術」というのは、「ギターを弾く技術」や「歌を歌う技術」とはまた一歩別のものです。ギターも歌も正しいリズムを刻み、一体感や安定感が出るように頑張りましょう!

 

 

■方法A:歌とギターを統合した、一つのフレーズとして捉える

 

基本的にはこの方法をお勧めします。イメージとしては、ドラムのフレーズを口で表現する時に

「ドッドッタッドタドタドッタッ」

とか言うのと同じことです。この場合は、「ドッ」という音のフレーズと「タッ」という音のフレーズを統合して捉えているわけですね。ギタボの場合も同様に、ギターの音一つ一つと歌の音一つ一つの関係性を意識することが大事です。

具体的にどう練習するべきかというと、曲をゆっくり再生し、ピッキングのどのタイミングでどの言葉を歌うのか(もしくは歌のどのタイミングでどの音をピッキングするのか)を細かく分析する必要があります。

分析の方法としては、まずギターのフレーズを楽譜に書き出してみて(タイミングのみ分かればいいです)、次に歌のフレーズも並べて書き出し、ふたつを見比べてそれぞれの音の関係性を理解するのが良いかと思います。この言葉を発するのはこの音をピッキングする半拍前、1/4拍前、同時、半拍後、、、、などをちゃんと頭で理解しましょう。

そして理解した後は実際に試してみるわけですが、この時も非常にゆっくりとしたテンポで練習し始めることが大事です。初めから早いテンポで合わせると、なんとなく合っているように聞こえても細かいズレが生じていてしっくりこないという事態になりかねません。

初めはなかなか思い通りに体を動かせずもどかしく感じるかもしれませんが、頭で理解さえ出来ていれば辛抱強くゆっくり練習していけば必ずできるようになります!

曲をゆっくり再生するためのソフトはこちらの記事を参考にしてください 。

 

 

■方法B:バラバラの二つのフレーズを同時にイメージする

 

これは少し難しく、説明もしにくいのですが、上述したドラムの例で言うと

「ドッドッッッドッドッドッッッ」

「ッッッッタッッタッタッッタッ」

の二つのフレーズを同時に頭でイメージしながら演奏するということです。この方法をお勧めするケースが3つあります。

ひとつは、そもそも簡単に弾きながら歌えてしまうようなフレーズの場合です。「ジャカジャカジャカジャカ」と一定のリズムで刻みながら普通に歌うくらいなら無意識に出来てしまう人も多いかと思います。その無意識のときに頭の中では、実はこのようにギターのフレーズと歌のフレーズをバラバラに捉えて同時に流すということが行われているかと思います。方法Aは正確に理解することができますが、正直めんどくさいです(笑)。簡単にできる部分では方法B、難しい部分だけ方法Aと使い分けるのが良いでしょう。慣れてくればほとんどこれで出来るようになってきます!

2つ目のケースは、逆に難しすぎて方法Aにより頭では理解できているがどうしても実行できないという場合の最終手段です(笑)。方法Aで練習を続けても一向に出来るようにならない場合、頭で考えすぎずにバラバラで捉えたまま演奏した方が、細かいズレはあれどノリがしっかりと出る可能性があります。

3つ目は、歌やギターのテンポをわざとずらすなどして表現を加えたいケースです。綺麗に一致したテンポではなく、ほんの少しだけどちらかを遅らせることで独特なノリを出すことが可能となります。「溜める」とか「突っ込む」とか言うやつですね。また、歌というよりセリフのようなフレーズでテンポにかっちり当てはまらないこともあります。歌とギターをバラバラに捉えられれば、こういった複雑な表現も自由にできるようになります。

 

じゃあ具体的にどうしたらいいんだという話ですが、一言で言うと自分の中で一定のテンポを刻むということが大事になります。完全に二つのフレーズをバラバラで捉えてしまうともちろん演奏もバラバラになってしまうため、「テンポ」というどちらのフレーズにも共通するものによって二つを繋ぐ必要があります。一定のテンポに合わせてギターを弾き、同じテンポに合わせて歌を歌えば、おのずとギターと歌も合ってくるというわけですね。

ではその一定のテンポを自分の中でどう刻めばいいのかということになるのですが、方法としてはまず一つ、体を動かしてテンポを取るというのが有効です。特におススメするのは、右手で空振りを多用してストローク速度を一定にすることです。例えば

「ジャッッッジャッッッッジャッジャーッッッ」

みたいに音を4回しか鳴らさないフレーズだとしても、

「ジャ(↓)ッ(↑)ッ(↓)ッ(↑)ジャ(↓)ッ(↑)ッ(↓)ッ(↑)ッ(↓)ジャ(↑)ッ(↓)ジャ(↑)ー(↓)ッ(↑)ッ(↓)ッ(↑)」(↑↓はストローク方向)

と大量に空振りをすることで右手を一定のテンポで動かすようにします。他にも、体を揺らしたり、足を踏んだり、首を振ったりしても良いですが、動かすべき部位が増えるとむしろ混乱してしまう人が多いかと思います。

また、歌とギターのうちリズムが一定に近い方のフレーズを割と無意識に演奏し、不規則な方のフレーズに集中するというのもコツのひとつです。どちらか一方をテンポに合わせて無意識に演奏することが出来れば、一つのパートを演奏するのと変わりませんよね(極論)。要するに頭で考えることをなるべく減らすために、いっぱい練習してテンポさえ感じれば体が勝手に動くようにしようということです。ギターだけでなく歌詞も歌い続けていれば無意識に出てくようになるので、どちらに集中するかは状況によりおまかせします。

 

 

さすがに言葉だけでは伝わり辛いことを言っているように感じてきたので、苦し紛れに図示してみました。なんとかイメージが伝われば幸いです。イメージの話ですので、よくよく考えると結局一緒じゃねーか!という部分もあります。皆さんのやりやすいイメージに合わせて練習してください。伝えたいことは、「捉え方によって、一つのパートを演奏する場合と同じイメージで演奏できる」ということです。

f:id:shatakurock:20191201202837p:plain

 

f:id:shatakurock:20191201202946p:plain

 

f:id:shatakurock:20191201203029p:plain

 

ギタボ塾初回にして、最も難しい内容となってしまいましたね(笑)。
ふたつの方法に分けて解説をしてきましたが、実際私が演奏する際はどちらの考え方も併せて活用しているように思います。頭の中のイメージの話なのでなかなか説明し辛い部分もありますが、初心者の方はまずは方法Aから始め、慣れてきたら方法Bを織り交ぜながら練習していけば、正確かつスピーディーにコピーできるようになっていくでしょう

余裕を持って演奏できるように練習し、カッコいいライブをしてやりましょう!