社宅ROCK!

サラリーマン×ROCK。社宅からエモを叫びます。

【ギタボ塾】弾きながら歌うコツ(音程編)

ギターボーカルの方に役立つ技術や知識をお届けするギタボ塾。

今回は、ギターを弾きながら正しい音程で歌うためのコツについてお話しします。

ギターを弾きながら歌うと、ただ歌うだけの場合と比べて上手く歌えないという方が多いかと思います。どうすれば「もっと上手く歌えるのに!」と悔しい思いをせず演奏できるのか、原因や練習法なども含めて解説していきます。

なお、今回は「ギタボだと普段より歌が下手になってしまう場合」についての記事となっておりますので、普段から上手く歌えないという悩みをお持ちの方は別の記事を参考にしてください。

 

 

■歌唱力が落ちる原因

 

上手く歌えなくなる一番の原因は、集中力の分散です。

歌を歌う、ギターを弾く、エフェクターを踏む、他楽器の音を聞く、表情や動きを加える、、、など、非常に多くのことを同時にやっているのがギターボーカルです。特に、「次の歌詞はなんだっけ」「次のコードは何だっけ」のふたつを同時に考えていると頭の中がいっぱいになってしまい、正確な音程で思いっきり歌うための集中力が分散してしまいます。

 

二つ目の原因は、非常につられやすい状況だということです。

よく合唱などでハモリをする際、他のパートの音に「つられる」と言いますね。これと同じことが、自分自身の弾くギター音に対して起こってしまいます。しかも、ただ声でハモるだけであれば自分の頭の中でイメージする音は1種類だけでいいのですが、ギタボの場合はギターの音と歌の音をどちらもイメージして別々の音を同時に発するわけですから、とてもつられやすい状況となっています。

 

三つ目の原因は、姿勢が固定されてしまうことです。

カラオケなどで全力で歌う場合、ちょっと体を曲げたり、手を動かしたり、マイクの向きや距離を変えたりといろいろな姿勢の調節をしているかと思います。手でマイクを持つピンボーカルであればこれらの調節を常に、また独立して行えるのですが、スタンドにマイクを固定してギターを弾きながら歌うギタボにはなかなか調節ができません。歌い方や出す音によってベストな体勢は異なるかと思いますが、姿勢が固定されてしまうギタボは常にベストな状態では歌えないのです。

 

 

■改善策

 

①歌うことに集中する

 まずは集中力をなるべく歌に注ぐことを考えましょう。その為には、ギターを練習してあまり意識せずに弾けるようにしたり、エフェクターの踏み替えタイミングにしっかりと慣れることが大切です。つまりギターが上手くなればなるほど歌も上手くなっていく(本来の力が出せるようになる)ということですね。

また、頭を働かせずに歌詞が出てくるくらい体に馴染むまで歌い込むということも大事なことです。

 

②ずれを自覚する

 つられて無意識に音程がずれてしまっているケースもよくあります。普段の練習時からたくさん録音し、どこで音程がずれてしまっているかを自覚しましょう。そしてつられやすいポイントでは意識的に音程に集中するようにすればずれる箇所も減っていきます。

また、演奏中に自分の声がしっかり聞こえるようにすることも大切です。ギターは決まった場所を押さえれば決まった音が出ますが、声は自分で聞こえていないとなかなか音程が取れません。スタジオやライブ会場ではモニター(返し、中音)から声がしっかり聞こえるようにして、ずれていないかチェックできるようにしましょう。

 

③セッティングにこだわる

 演奏中にマイクなどの位置を変えづらいギターボーカルは、演奏前にしっかりとセッティングしておく必要があります。マイクの高さ、角度、エフェクターの位置を細かく調節し、なるべく長い間歌いやすい姿勢で演奏できるようにしておきましょう。つま先立ちや体を後ろに引く程度の動きは歌いながらでも可能ですので、それらも考慮して自分の歌いやすいセッティングを探りましょう。個人的には、まっすぐ前を向いた高さより少しだけ低い位置に、斜め下からマイクを向けるのがおススメです。

 

 

ギターボーカルの難しさはなかなか見ている側に伝わり辛いですが、頭の中では色々な情報がフル回転しています。

けどやっぱりそれをサラッと出来ているように見えた方がカッコいいですよね。細かい部分にも気を配り、たくさん練習をして、余裕の演奏を見せてやりましょう!