社宅ROCK!

サラリーマン×ROCK。社宅からエモを叫びます。

【ギタボ塾】マイクの感電を防ぐ方法

ギターボーカルなら、唇がマイクに当たった時にバチッ!となる現象を誰もが経験していることでしょう。この正体、実は「感電」なんです。

ライブハウスではPAの方に伝えれば対処してくれるかと思いますが、スタジオ練習の際や、ライブハウスのPAが新人で知識がない場合にも対処できるように、原因と解決策について解説していきます。

 

 

■原因

 

二つの物の間に電位差があると、電気が流れます。そして、マイクはもちろん、アンプに接続したギターに触れている自分の体にも電位が生じています。つまりこの唇がマイクに触れてバチッとなる現象は、「電気に接続した楽器に体が触れている人」がマイクに触れた時に電気が流れるというものですので、ベースなど他の楽器の方がマイクを使う際にも起こる可能性があります。

この感電を防ぐためには二つの電位差を失くす必要があります。一般的に、電気を逃がして地面と同じ電位(0V)にするアースという処理をマイク側とアンプ側の両方に行うことで感電を防ぎますが、うまくアースが取れておらず感電してしまうケースが多々あります。

 

(余談ですが、唇ではなく歯に当たると全身に電気が走るような感覚になります。初めてなった時は恐怖でロクに歌えませんでした、、、

高校生の頃に通っていたスタジオの店長は若いころに、それを罰ゲームに使う悪魔の遊びをしていたそうですが、海外では感電による死亡事故も起きているので止めましょう、、、)

 

 

■対処法

 

①アースする

 

基本的には、やはりしっかりアースをとることをオススメします。アースは、マイク側とアンプ側の両方で行う必要がある点に注意してください。

最も簡単な方法としては、3Pコンセント(差込口が3本あるコンセント)を使うことです。たまに見かける、普通のコンセントに丸い棒が1本増えたコンセント、あれが実はアースの役割をしてくれるものだったんですね。2Pコンセントでも、アース線がちょろっと付いているタイプもあります。ただ、これを使うには差す側も受け側も対応した形である必要があります。

SANWA SUPPLY(サンワサプライ) 電源コード KB-D327Aoaタップ 2m 電源タップ 2m 電源コード 2m 3P ブラック サーバー パソコン 周辺機器 コンセント 接続 7A仕様 電源 コード 人気 オススメ 便利グッズ 激安

価格:1,057円
(2019/12/18 23:20時点)

 

②電位差をなくす

 

コンセントが対応していないときにはアースができませんが、「マイクとアンプの電位差をなくす」ことで感電を防ぐことができます。

方法は、ワニ口ケーブルなどの配線によりマイクとアンプを繋ぐだけでOKです。具体的に繋ぐ場所としては、マイク側ではマイクケーブルの金属部分やPA機器のケーブル差込口、アンプ側ではギターシールドの金属部分が良いでしょう。ライブハウスなどではアンプの前にマイクがあるかと思いますので、ボーカルマイクではなくそのマイクとアンプを接続しても大丈夫です(同じシステムに繋がっているはずなので)。また、アンプのダイレクトアウトとミキサーをシールドで接続する方法でも電位差をなくすことができます。

 

 

③マイクカバー

 

マイクにかぶせるタイプのウィンドスクリーンを使うことでも、感電を防ぐことができます。タ〇リさんが使ってるイメージの丸いスポンジみたいなやつですね。

安く購入できますしとってもお手軽なんですが、なんと言ってもダサい(笑)。私も以前使用していましたが、ダサすぎて止めました。けどスタジオとか家で使う分には案外重宝しますよ!

これくらいの安いので十分です。

ウィンドスクリーン iSK W-50 BK マイクスポンジ 風防

価格:356円
(2019/12/18 23:37時点)
感想(10件)

 

④コンセントの差し方を変える

 

2Pコンセントでも、左右逆に差してみたり、違う場所のコンセントに差してみたりすると、電位が変わって改善される可能性があります。ただこれは不確実な方法ですし、経験上あまり効果が出ない場合がほとんどでした。それでもたまに感電の度合いが弱まったりするので、どうしても他の策が取れない場合は試してみてください。

 

 

感電がひどいと、集中して演奏できなくなります。スタジオでもライブハウスでもしっかりと対処して、万全の状態で演奏しましょう!