社宅ROCK!

サラリーマン×ROCK。社宅からエモを叫びます。

【プレイリスト】「卒業・旅立ち」16選(1/2)【1993年生まれが厳選するJ-ROCK】

1993年生まれ、J-ROCKに育てられた男がお届けする厳選プレイリスト

時間帯や季節、気持ち、シチュエーションなどのシーン別にぴったりの曲をご紹介していきますので、BGMの参考などにして頂ければと思います。これまで公開したプレイリスト一覧はこちらからどうぞ。

私の青春時代である2000~2015年くらいを中心に選んでいきますが、たまに新しい曲や古い曲も混ぜていきます。選定基準は歌詞、曲調、曲名、テンポ感などがメインです。

 

今回は、「卒業・旅立ち」プレイリスト16選です!

 

もうすぐ来ます。別れの季節。

悲しみ、楽しみ、感謝、後悔、決断、挑戦、、、、

もうわけわからないくらい様々な感情が押し寄せるのがこの季節です。

その想いを見事に表現してくれるエモーショナルな名曲たちをご紹介していきたいと思います。

それではまず前半分8曲を、どうぞ!

 

f:id:shatakurock:20200224212706p:plain

 

 

 

 

1.サラバ青春 / チャットモンチー 

こんな曲、あと軽く1000年は愛されるくらい大名曲です。何がすごいって、卒業まっただ中の人にはもちろん、大人になればなるほど心に染み入るんですよねこれが。

まあ内容を一言とかで表してしまうとありふれた曲のように思えてしまうんですが、曲調、歌い方、表現、ギターの音とかがもう完璧です。曲中では、卒業のタイミングで「今頃気づいたんだ」と言っていますが、実際にはこれを人生の中で(少なくとも今の私の年までに)あと10回くらい感じることになります。

ちなみに今、この記事を会社で昼休みに書いてるんですが、武道館ラストワンマンのライブ映像見てたらめっちゃ泣いてしまいました恥ずかしい、、、

だから載せるのは違う映像にしておきます。笑

といいつつ、この高橋久美子がいるVer.を聞いた後でまたラストワンマンの映像を見ると、もう、、、

 

「卒業式の前の日に僕が知りたかったのは

 地球の自転の理由とかパブロフの犬のことじゃなくて

 本当にこのまま終わるのかってことさ」

 

 

サラバ青春

サラバ青春

  • provided courtesy of iTunes

 

 

2.ロングロード・オデッセイ / サクラメリーメン

やりたいことに向かって走り出す決意をし、育った街から旅立つ歌です。

大なり小なり、人生に旅立ちはつきものですよね。場所が変わっても変わらなくても、決意をして状況の変化に飛び込めばもうそれは旅立ちです。

旅立ちは人を確実に強くします。効果を実感できるのがいつになるかは人それぞれですが。それが早ければいいというわけでもありません。旅立った時点で強くなっていたんですから!

 

「涙くらいは仕方がない 流してまた強くなればいい」

 

 

 

3.卒業 / ガガガSP

ダイレクトな曲名ですね。熱く声を張り上げられる卒業ソングです。

テーマとしては学校とかの卒業というより、「あなたからの卒業」 のようです。ただ、この二つが同時に訪れるという人も多いのではないかと思います。

学校ってとても不思議な場所で、お互いに会いたいと思ったり用事があったりするわけでもないのに毎日顔を合わせる機会があるんですよね。これがいかにすごいことかというのはやっぱり卒業してずいぶん経ってから気づくものです。学校卒業とともに、人生でもう二度と会わなくなる人はおそらくたくさんいます。繋がりの深かった人もそうでなかった人も含めて、そういった人たちにしっかりとさよならをしておきましょう。

 

「あなたの事で涙を流せなかった日々が

 僕はふと後悔してしまうことがあるだろう」

 

 

卒業

卒業

  • provided courtesy of iTunes

 

 

4.ハッピーエンド / andymori

これがどんな歌か説明するのはとても難しいのですが、現状や未来を見つめて違和感を感じながら、ハッピーエンドなのだと自分に言い聞かせるという内容です。「まっすぐに歩いて離れ離れ」になる道と「はしゃぎまわった友達が笑わなくなった」道のどちらをハッピーエンドと言っているのかも分かりませんし、その二つが別の道なのかすら分かりません。そうやって、自分の感じているもやもやの正体も分からず、自分の中の正解も分からず、ただ漠然と違和感や寂しさ、不安を抱えている状態をありのままに唄っているのが美しくて信頼できるような気がします。

 

「僕らのこの日々を誰かに分かってもらおうなんて思わないけど

 ほんとうにまっすぐに歩くなら あのカーブでみんなとも離れ離れ」

 

 

5.無くした日々にさよなら / スネオヘアー

体中に染み渡るようなやさしい曲です。この曲のおかげで、「今」の枕詞は「こぼれ落ちる」だと確信しました。

恋愛の歌にも捉えられますが、それに限らずもっと広い「日々」について歌ったものだと感じます。

最近youtubeの公式アカウントでアップされた、行きつけのローカルな飲食店にてこの曲を弾き語った映像があるのですが、それがもう最高すぎるんですよ。これが音楽か、これが日々か、これが人生か、ともう何か真理を目の当たりにしているような気持になりました。原曲と合わせて貼っておくのでそちらもぜひご覧ください。

 

「騒いだ声と毎日と 遠く消えゆく街並みと

 透き通る雨の日 濡れながら 見上げる空に消えないで」

 

 
無くした日々にさよなら

無くした日々にさよなら

  • provided courtesy of iTunes

  

 

6.LAST GOOD-BYE / BEAT CRUSADERS

さよならは悲しいだけでなく、ポジティブなものだということを教えてくれるような曲です。日本のどこか1校くらい、この曲を卒業式の合唱で歌っててもいいと思います。

ラストライブでこの曲をやらず、ただひたすらに楽しく終わろうとしたのは彼ららしいですね。

下に引用している歌詞は、和訳すると「どうして涙を流さなければならないのか知りたい」となります。 

 

「I would like to know how come we should be in tears」 

 

 

LAST GOOD-BYE

LAST GOOD-BYE

  • provided courtesy of iTunes

 

 

7.車輪の唄 / BUMP OF CHICKEN

言わずと知れた名曲かと思います。大切な人と遠く離れてしまう方は必聴ですね。

マンドリンウッドベースが使用されていて、独特のカントリーな世界観が作り出されています。こういう民族音楽っぽい要素をJ-ROCKとして取り入れるのが上手いですよねバンプは。サビで響くサイレンのようなエレキギターのおかげで、この曲に壮大さが与えられています。あと、1番Aメロに入る瞬間の「キュインッ」という弦をこする音が大好きなのぜひチェックしてみてください。同じく1番Aメロのベースラインも芸術的ですね!

 

「響くベルが最後を告げる 君だけのドアが開く

 何万歩より距離のある一歩 踏み出して君は言う」

 

 

車輪の唄

車輪の唄

  • provided courtesy of iTunes

  

 

8.ロール アンド ロール / GOING UNDER GROUND

この歌の特徴的なところは、旅立つのが「僕ら」であることです。

同じものを目指して一緒に旅立てる仲間がいるのは、とてつもなく幸運なことです。そのありがたみをお互いにしっかりと認識できていれば、少しくらい怖くても平気で進んでいけるでしょう。 夢も不安も覚悟もすべて共有することができれば、「永遠の先へ」行くことが出来るかもしれません。

 

「僕らは時々何よりも美しい こんなにも狂おしい瞬間をきざんだ声」 

 

ロール アンド ロール

ロール アンド ロール

  • provided courtesy of iTunes

 

 

記事を書きながら涙が止まりません、、、

この時期の何がいいかって、自分だけじゃなくおそらく相手や周りも同じような気持ちになっているというところなんですよね。

気持ちを言葉で伝えるのがどうしても照れ臭い相手には、そっとこの曲たちを紹介してあげてください。

 

後半8曲はこちらの記事をどうぞ!

 

 

動画を貼れなかった曲はapple musicなどのサブスク等でぜひ探してみて下さい。

他にもこの曲がぴったりだぞ!とかあればぜひコメント欄から教えてもらえると嬉しいです。また、プレイリストのリクエストもお待ちしています!