社宅ROCK!

サラリーマン×ROCK。社宅からエモを叫びます。

【プレイリスト】「コーヒー」16選(2/2)【1993年生まれが厳選するJ-ROCK】

1993年生まれ、J-ROCKに育てられた男がお届けする厳選プレイリスト

時間帯や季節、気持ち、シチュエーションなどのシーン別にぴったりの曲をご紹介していきますので、BGMの参考などにして頂ければと思います。これまで公開したプレイリスト一覧はこちらからどうぞ。

私の青春時代である2000~2015年くらいを中心に選んでいきますが、たまに新しい曲や古い曲も混ぜていきます。選定基準は歌詞、曲調、曲名、テンポ感などがメインです。

 

今回は、「コーヒー」プレイリスト16選の後半8曲です!

渋い系、クール系、うきうき系など多種そろえてありますので、様々なコーヒーシーンに合った曲を選んで聴いてみて下さい。

 

前半8曲についてはこちらの記事をご覧下さい。

 

 

f:id:shatakurock:20200209203715p:plain

 

 

 

 

カプチーノ / 椎名林檎 

ともさかりえに楽曲提供した曲ですが、椎名林檎がアルバム「逆輸入~港湾局~」にてセルフカバーしています。編曲者は、ミスチルなど数々の有名アーティストをプロデュースしてきた、小林武史。このブログの趣旨的に椎名林檎の方を紹介しましたが、正直ともさかりえVer.もめちゃくちゃいいです。ふたつの違いを聞き比べてみるのも面白いでしょう。

ミルクが混ざる様子だけでなく、「カプチーノ」という存在自体がなんだかこの曲の内容にぴったりな気がします。言葉の語感も含めて。

 

「ミルクの白に茶色が負けている」

 

 

カプチーノ

カプチーノ

  • provided courtesy of iTunes

 

 

10.二人でカフェオレ / 鶴

 カプチーノの次はカフェオレです。鶴は、メンバー全員がアフロというバンドでしたが、2011年にアフロ引退をしたとのことです。キャッチコピーは「ウキウキ&切なさの伝道師」でして、この曲はウキウキ要素メインですね。

イントロではしっかり「オ・レ!!」と叫びましょう。

 

「それでいてちゃんと 刺激的なところがいいでしょ?」

 

 

二人でカフェオレ

二人でカフェオレ

  • J-Pop
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 

 

11.Phantom(By Lipstick) / OKAMOTO'S

とにかく、ばかかっこいいです。完璧な曲。存分に体を動かしながら聴いて下さい。すべての楽器の音作りが、これしかないでしょ!というくらいキマッています。

内容としては、口紅のついたカップをみてあの子の面影を追ってしまう男の歌です。

家とかオフィスとかではなく、ぜひカフェとか喫茶店で聞いてほしい一曲ですね。

 

「Still when I find a lipstick smudge on the cup

 I look for your shadow」

 

 

Phantom(By Lipstick)

Phantom(By Lipstick)

  • OKAMOTO'S
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

12.ランチ / くるり

ゆったりとした3拍子が心地よい曲です。ウッドベース、繊細なアルペジオ、ブラシを使用したドラム、そしてテンポコントロールの巧みな組み合わせによって、古ぼけた喫茶店のような風景が目に浮かぶようです。岸田さんの声・歌い方だからこそ出せる雰囲気ですね。

ちなみに珈琲を「たてる」って何だ?いれるじゃなくて?と思ったのですが、どうやらドリップの時に珈琲の粉が動くようにお湯を落とし入れることでしっかりとしたコクを出すことをそう言うようです。じっくり時間をかけて珈琲を作っている様子がこの2文字の違いによって表現されているわけですね。

 

「久し振りに珈琲をたてよう 未来の事を話したい」

 

ランチ

ランチ

  • provided courtesy of iTunes

  

 

13.あったかいコーヒー / フラワーカンパニーズ

寒い冬に飲むコーヒーは、体だけじゃなくて心まで温めてくれるようですよね。 そういう意味では、もはやこの曲そのものが「あったかいコーヒー」という感じがします。特にギターソロ。どこか聞き手を励ましてくれているような哀愁を漂わせています。

もうひとつこの曲の好きな部分は、サビの終わり方です。「あったかいコーヒー」のフレーズが予想より少しずれて入ってきて、コードも同じまま引き伸ばされる。このサビ終わりの余韻こそがこの曲の肝ではないかと感じます。

 

「男の僕だから 強くはなれないし」

 

 

あったかいコーヒー

あったかいコーヒー

  • provided courtesy of iTunes

 

 

14.夏前コーヒー / レミオロメン

夏前の梅雨の時期に、空気感やコーヒーからあなたの面影を感じてしまうという曲。梅雨らしく、曲調も見事にじっとり暗い感じになっています。

「夏前」と「コーヒー」っていう組み合わせ、全然馴染みがなくて違和感がすごいように思うんですよね。だから、コーヒーを入れたことであなたの面影を無責任に辿らされたと言っておきながら、結局は面影を辿りたかったからコーヒーを入れたんだろうな、と個人的に解釈しています。

 

「暖かいコーヒーを入れてみた あなたの部屋の匂いがした」

 

 

夏前コーヒー

夏前コーヒー

  • provided courtesy of iTunes

 

 

15.コーヒーと恋愛 / サニーデイ・サービス

1996年リリースのこの曲、もっと昔だと言われてもおかしくないくらいのフォークっぷりです。アコースティックギターと重ねたボーカル、コーラスによって構成され、ゆったり軽やかな空気が作り出されています。

下の動画は、フォークシンガーの友部正人とのライブ映像です。この方、あふれ出るおじいちゃん感がすごく、歌詞もコードも覚えきっていないぐだぐだっぷりです(笑)。けどそんな空気がちょうど心地よいと感じられるくらい気を張らない曲ですよね。

 

「娘さんたち気をつけな コーヒーの飲み過ぎにゃ」

 

 

コーヒーと恋愛

コーヒーと恋愛

  • provided courtesy of iTunes

 

 

16.コーヒーカップと僕の部屋 / 藍坊主

コーヒーをよく飲む人にとって、コーヒーカップはとても思い入れの深いものだと思います。毎日気分によって変える人、決まって同じカップを使う人、そして大切な人とおそろいのカップに2杯注ぐのが日課だという人。コーヒーカップが割れてしまったりすると、大きな悲しみに襲われるだけでなく、何か不吉な予感さえしてきます。

ただ、いざ新しいカップを買ってしまえば案外すぐ愛着が湧いたりするものです。 

 

「十年後の未来を笑い話したね ずっと暖かいこの部屋で」

 

 

コーヒーカップと僕の部屋

コーヒーカップと僕の部屋

  • 藍坊主
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

プレイリストを作りながら、コーヒータイムって状況によって色んな雰囲気があるなーと改めて思いました。いろんな場面において、ひと味ふた味アクセントを加えてくれる、それがまたコーヒーの良さだと思います!

 

動画を貼れなかった曲はapple musicなどのサブスク等でぜひ探してみて下さい。

他にもこの曲がぴったりだぞ!とかあればぜひコメント欄から教えてもらえると嬉しいです。また、プレイリストのリクエストもお待ちしています!