社宅ROCK!

サラリーマン×ROCK。社宅からエモを叫びます。

【プレイリスト】「夜の散歩」8選【1993年生まれがおススメするJ-ROCK】

1993年生まれ、J-ROCKに育てられた男がおススメする厳選プレイリスト

時間帯や季節、気持ち、シチュエーションなどのシーン別にぴったりの曲をご紹介していきますので、BGMの参考などにして頂ければと思います。これまで公開したプレイリスト一覧はこちらからどうぞ。

私の青春時代である2000~2015年くらいを中心に選んでいきますが、たまに新しい曲や古い曲も混ぜていきます。選定基準は歌詞、曲調、曲名、テンポ感などがメインです。

 

今回は、「夜の散歩」プレイリスト8選です!

晴れた昼間の散歩も気持ちいいですが、いい気温の夜に散歩するのもまた素敵な気分になります。考え事をするとき、元気がないとき、時間を持て余しているときには外へ出て、夜の街を散策してみてはいかがでしょうか。いい気分転換になったり、新たなアイディアが湧いてきたりするかもしれません!

別途、「星空の下」「月明かりの下」「夜のドライブ」プレイリストもご紹介しますのでそちらもぜひご覧下さい。

 

f:id:shatakurock:20200903210442p:plain

 

 

こちらからSpotifyのプレイリストにいけますので、ぜひフォローよろしくお願いします。※Spotifyに無かったので、1曲足りていません。

 

 

 

  

1.Stage of the ground / BUMP OF CHICKEN

元気や勇気が出ない夜に一人夜道で聴いていると、力が湧き上がってくるような曲です。

歌詞だけでなく、楽曲自体がとてつもなく壮大。イントロから歌が入ってくるまで1分以上ありますが、まったく中だるみしないのも流石です。この曲のいいところを挙げだしたらキリがありませんが、最高のアウトロからスパッと終わる瞬間は鳥肌モノです。

メンバーの友人に子供が生まれた記念に作った曲のようで、歌詞にはその子の名前の漢字が散りばめられています。

 

「あの月も あの星も

 全て君の為の舞台照明」

 

 

Stage of the ground

Stage of the ground

  • provided courtesy of iTunes

 

 

2.Moonlight Stepper / the band apart

夜が明けるまで一人で踊り続ける男の曲。聴いていてとても楽しく、ウキウキした気分になれます。「it's so pop pop pop」のフレーズは思わず口ずさみたくなりますね。

アルバム『shits』ではバンアパとしてセルフカバーしており、さらにthe band apart(naked)としてもアルバム『1』で『Moonlight Stepper 2』としてアコースティックVer.が収録されています。本人たちもお気に入りの曲なんでしょうね。どのバージョンも全然違っていて、かつ甲乙つけ難い名曲です!(アコースティックVer.が一番騒がしいというのが彼ららしくて面白いです笑)

 

「I'm still here under the moon

 waiting for you」

 

 

 

 

Moonlight Stepper 2

Moonlight Stepper 2

  • provided courtesy of iTunes

 

 

3.DANCING IN THE MOONLIGHT / Homecomings

『Dancing in the Moonlight』と言うと、Thin lizzyやKing Harvest、もしくはToploaderのカバーが思い浮かぶ方もいるかもしれませんが、今回はJ-ROCKプレイリストですのでホムカミを。

歌詞は見つからなったので分かりませんが、楽しくて可愛らしくてどこか懐かしい雰囲気のある曲です。

(抜粋)「もともとはベースのほなみさんのお姉さんが結婚するってことで、お祝いソングとして作り始めた曲なので歌詞がえらいロマンチックな仕上がり。」

インタビュー⇒ http://homecomings.jp/special/01/04.php

 

DANCING IN THE MOONLIGHT

DANCING IN THE MOONLIGHT

  • provided courtesy of iTunes

 

 

4.アルクアラウンド / サカナクション

サカナクションの人気が爆発的に上がっていくきっかけとなった曲。本人がとことん研究して作ったと言うだけあって、完成度の高さは圧巻です。古臭いとも思えるシンセの音をうまく使って、しっかり今でも通用する味にしています。

文学的な歌詞が特徴的。ネットでインタビューとか考察とかいっぱい出てくるので、気になる方は調べてみてください。

MVでも、まさに夜の散歩をしています。夜更けの幕張メッセで一発撮りしたもので、歌詞のオブジェなどを用いた特徴的な映像は高い評価を受けました。

 

「僕は歩く つれづれな日

 新しい夜 僕は待っていた」

 

 

アルクアラウンド

アルクアラウンド

  • provided courtesy of iTunes

 

 

5.クロノスタシス / きのこ帝国

こちらもMVで夜の散歩をしています。

「"クロノスタシス"って知ってる?」という歌詞が印象的で有名ですね。ゆったり落ち着いているけど少し不穏な曲調も夜にぴったり馴染みます。

以下は、曲中に出て来る「BPM83」に関するインタビュー抜粋です。

(抜粋)「この曲の1サビのBPMが83になってます。厳密に言うともう少し細かい数字なのですが、楽しくて、帰るのが惜しい気持ちでゆっくりと歩いている、そんな感じの速さです。」

きのこ帝国が語る「クロノスタシス」に込めた"BPM83"の意味 | BELONG Media

 

コンビニエンスストア

 350mlの缶ビール買って

 きみと夜の散歩

 時計の針は0時を差してる」

 

 

クロノスタシス

クロノスタシス

  • きのこ帝国
  • ロック
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

  

 

6.夜道 / 鶴

散歩しながら聴いていると、気付いたら走り出してしまいそうなくらい気持ちが高まります。

ちゃんと歌詞を見てみると、この主人公は結構複雑な気持ちを抱えているようです。そういう頭で考えてもなかなか答えが出てこない問題も、夜の散歩をしてみるとなんだか解決したような気持ちになったりするから不思議ですね。

 

「星が綺麗だから 空が明るいから

 なんだか今夜は 大切なものを

 抱きしめたくなった」

 

夜道

夜道

  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

7.BENNY / DENIMS

この曲の面白いところは、夜の歌なのにあふれ出る昼間感だと思います。あたりは真っ暗なのになぜかワクワクが止まらないというような状態がとてもよく表現されています。夜だからといってしっとりする必要はありませんからね!

冒頭の口笛っぽい陽気な音に心を掴まれます。テンポ感も絶妙でいいですね~。

 

「何故か胸がワクワクする夜だし指をならしてさあ歌おう」

 

 

BENNY

BENNY

  • DENIMS
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

8.ネオンライト / andymori

オルゴールの音が心地良い曲。内容は自虐的な要素もありますが、決して暗い曲ではなくむしろ現実に対して素直になることで前向きになれるような曲です。

ちなみに、andymoriが解散ライブにて新曲として披露した『それでも夜は星を連れて』という曲も、夜道に似合う隠れた名曲ですのでぜひチェックしてみてください。 

 

「ネオンライトに消えてしまいそうな

 星を探して彷徨う旅人」

 

 

ネオンライト

ネオンライト

  • provided courtesy of iTunes

 

 

いかがでしたでしょうか。夜の散歩は不思議な高揚感に襲われたりしますよね。ぜひこの曲たちと共に、たまにはふらっと歩いてみてください。

 

動画を貼れなかった曲は冒頭に貼ったSpotifyのプレイリストをチェックしていただくか、apple musicなどのサブスクで探したりiTunesのリンクやmusic.jp から楽曲購入したりしてみて下さい。

他にもこの曲がぴったりだぞ!とかあればぜひコメント欄から教えてもらえると嬉しいです。また、プレイリストのリクエストもお待ちしています!