社宅ROCK!

サラリーマン×ROCK。社宅からエモを叫びます。

【プレイリスト】「星空の下」14選(2/2)【1993年生まれがおススメするJ-ROCK】

1993年生まれ、J-ROCKに育てられた男がおススメする厳選プレイリスト

時間帯や季節、気持ち、シチュエーションなどのシーン別にぴったりの曲をご紹介していきますので、BGMの参考などにして頂ければと思います。これまで公開したプレイリスト一覧はこちらからどうぞ。

私の青春時代である2000~2015年くらいを中心に選んでいきますが、たまに新しい曲や古い曲も混ぜていきます。選定基準は歌詞、曲調、曲名、テンポ感などがメインです。

 

今回は、「星空の下」プレイリスト14選後半7曲です!

星について歌った曲は多くあります。おそらく、ゆっくりと星を眺める時間と音楽というのは相性が良いのだと思います。一人で家から、二人で海辺から、みんなで山から夜空を見上げて聴いてみてください! 

 

前半分の7曲はこちらからどうぞ。

 

f:id:shatakurock:20200728170030p:plain

 

 

こちらからSpotifyのプレイリストにいけますので、ぜひフォローよろしくお願いします。
Spotifyにない曲があったため2曲足りていません

 

 

 

  

8.スターフィッシュ / ELLEGARDEN

数ある代表曲の中でも有名な曲のひとつ。スターフィッシュとは、「ヒトデ」

のことです。

イントロから最後まで、力強さと繊細さが駆け抜けるキャッチ―な曲です。サビはとっても歌いたくなりますね。口ずさんだことのある人も多いのではないでしょうか。

 Cメロからラスサビにかけての雰囲気もたまりません。ここの英語歌詞はJ-ROCK必修科目です!

 

「こんな星の夜は 君がいてくれたなら

 何を話そうとか」

 

 

 

スターフィッシュ

スターフィッシュ

  • provided courtesy of iTunes

 

 

9.Waltz / androp

ワルツという名の通り、三拍子に乗せたまったり楽しい曲です。

コーラスが美しいですね。歌詞に出てくるような抽象的で壮大な景色が見えてくるようです。

歌詞に「海」という言葉が出てくる影響もあって、なんとなく海で聞くのが似合いそうな曲ですね。

 

「泣いてた君は夢を見る

 星にのせて祈ろう」

 

 

Waltz

Waltz

  • provided courtesy of iTunes

 

 

10.天体観測 / BUMP OF CHICKEN

この曲は当然はずせませんよね。 日本では知らない人を見つける方が難しいでしょう。

BUMPが爆発的に有名になった代表曲ですが、今聴いてもやはり最高だと思えます。

こんなに胸躍るイントロがあるでしょうか。冒頭のハウリングも美しく、ここだけ聞かされても天体観測だ!と分かってしまうのは驚異的です。

この曲を元に製作された同名のドラマ『天体観測』では、BUMPの初期楽曲がふんだんに使用されています。俳優陣も伊藤英明オダギリジョー小雪長谷川京子などなど豪華メンバーが揃っていて見る価値アリですよ。

 

「午前二時 フミキリに

 望遠鏡を担いでった」

 

 

天体観測

天体観測

  • provided courtesy of iTunes

  

 

11.覚星 / ストレイテナー

浮遊感を感じるシンセのイントロから始まり、ギターの入りによって世界がぐわっと広がります。曲を通して壮大な雰囲気がありますね。

以下は公式サイトのDIARY(ホリエアツシ)より抜粋です。

「"覚星"は未来を生きる子供達に、夢を託す曲だった。今は現実なんて考えなくていいから、理想を自由に描いて話してほしい。」

COLD DISC|STRAIGHTENER.NET

「物語の結末を 越えて旅を続けよう

 地平線は紅く 街は青く染まっていく」

 

 

覚星

覚星

  • provided courtesy of iTunes

 

12.シリウスと老人 / カフカ

冬の星空を見上げる時にぜひ聴いてほしい一曲。

カフカの掠れた寂しげな歌声は、冬とか夜にすごくマッチしますね。

残響感の強いドラムも、屋外で聴くとより気持ちよさそうです。

 

「夜空に浮かぶ星たちにそこにいる理由を尋ねてみても

 答えは無いだろう」

 

 

シリウスと老人

シリウスと老人

  • provided courtesy of iTunes

 

 

13.Aurora / NICO Touches the Walls

アルバム『オーロラ』の1曲目に収録されている2分弱の短い曲ですが、NICOの良さがぎゅっと詰まった素敵な仕上がりとなっています。

シングル『かけら -総べての想いたちへ-』のカップリングには別バージョンの『Aurora (Prelude) 』が収録されています。ピアノ中心のこちらのバージョンでは、実は2番が存在しています。

(抜粋)光村:「さっき坂倉が〈頭の片隅にはずっとあった〉と言ったのも、"Aurora"という曲が持つ〈夢を見よう〉というキーワードだったり、この曲のサウンドが持つ輝いた世界観だったり、そういうものだったと思うので。」

NICO Touches the Walls 『オーロラ』 - TOWER RECORDS ONLINE

 

「諦めなんか照らすはずがない

 遥かなオーロラを越えたら」

 

Aurora

Aurora

  • NICO Touches the Walls
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

14.そして君と星になって / 大橋トリオ

最後はまったりしっとり優しい曲を。この曲もコーラスが非常に美しいです。

わりとクラシックなシンセの音が個人的にツボです。アウトロでひたすら同じ音を鳴らしまくるギターも綺麗なんですよね~。

寝ころびながら聴いて、そのまま眠ってしまいたくなります。 

 

「一番目の星は

 柔らかな光る朝に

 くるまれてた」

 

 

 

そして君と星になって

そして君と星になって

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

いかがでしたでしょうか。 どこにいても、自分がどんな状況でも、世界がどんな状況でも、天気さえよければ星は見えます。何かあるときでも何もないときでも、たまには夜空をゆっくり見上げてみてはいかがでしょうか。

 

また、シーンが似ているこちらのプレイリストもぜひご覧ください。

 

動画を貼れなかった曲は冒頭に貼ったSpotifyのプレイリストをチェックしていただくか、apple musicなどのサブスクで探したりiTunesのリンクやmusic.jp から楽曲購入したりしてみて下さい。

他にもこの曲がぴったりだぞ!とかあればぜひコメント欄から教えてもらえると嬉しいです。また、プレイリストのリクエストもお待ちしています!