社宅ROCK!

サラリーマン×ROCK。社宅からエモを叫びます。

【プレイリスト】「夏」14選(2/2)【1993年生まれがおススメするJ-ROCK】

1993年生まれ、J-ROCKに育てられた男がおススメする厳選プレイリスト

時間帯や季節、気持ち、シチュエーションなどのシーン別にぴったりの曲をご紹介していきますので、BGMの参考などにして頂ければと思います。これまで公開したプレイリスト一覧はこちらからどうぞ。

私の青春時代である2000~2015年くらいを中心に選んでいきますが、たまに新しい曲や古い曲も混ぜていきます。選定基準は歌詞、曲調、曲名、テンポ感などがメインです。

 

今回は、「夏」プレイリスト14選後半7曲です!

ついに来たかと思えば、一瞬で過ぎ去っていく夏。出遅れないように、この曲たちを聴いて夏モードに突入してみてください!

前半に引き続き、みんなで聴いて楽しいようなテンション上がる系を狙って集めました。また、「夏の終わり」「海」「キャンプ」のプレイリストは別でご紹介しますのでそちらもぜひチェックしてみてください。

 

前半分の7曲はこちらからどうぞ。

 

 

f:id:shatakurock:20200806151554p:plain

 

 

こちらからSpotifyのプレイリストにいけますので、ぜひフォローよろしくお願いします。

 

 

 

  

8.夏の大三角形 / NICO Touches the Walls

カルピスウォーター』のCM曲として書き下ろした曲。カルピスらしい、爽やかで切ない青春ソングになっています。

各楽器に空間系エフェクトをしっかりかけることで、空を見上げているような浮遊感が出ていますね。光村さんの圧倒的歌唱力も光っており、聴いていても爽快です。

仮タイトルは『夏の大三角関係』だったとか。大三角形にしてくれてよかった。(笑)

 

「夏が僕を焦がすほど

 はしゃぐ君の笑い声で 楽園に変わる

 いま時間よ 止まれ」

 

 

夏の大三角形

夏の大三角形

  • NICO Touches the Walls
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

9.夏の日の午後 / eastern youth

今回のプレイリストで最も渋く熱い曲。日本男児よ、夏はこれを聴け!

J-ROCK界屈指の重いイントロ。サビ前の「ジャジャッ ジャジャッ ジャジャッ ジャジャッ」はシンプルながらに期待感をこれでもかと煽られ、この曲のキーポイントになっています。ラスサビ前の空白も最高ですね。

爽やかさなど感じませんが、確かに燃え上がる全力の夏を感じる一曲です。

 

「蝉時雨と午後の光

 まだ生きて果てぬこの身なら

 罪も悪も我と共に在りて」

 

 

 

 

 

10.線香花火 / ガガガSP

パンクからはこの曲を。夏になると必ずこの曲を聴くというおっさんも多いのではないでしょうか。昔の夏の思い出というのは、夏が来るたびに思い出してしまうものですね。

線香花火ってそれ自体がめちゃくちゃ楽しいわけではないですが、みんなで線香花火をしているっていう事実がいいんですよね。日本の最高の風物詩だと思います。

 

「嗚呼 線香花火よ 僕は今でも引きずっています。

 あなたの横顔 そして後ろ姿

 楽しかった夏の夜」

 

 

線香花火

線香花火

  • provided courtesy of iTunes

  

 

11.君と夏フェス / SHISHAMO

夏フェス女子にとってこの曲は欠かせないでしょう!

夏フェスを舞台にしたストーリー仕立ての可愛らしい曲ですね。

この曲がヒットしたことからも分かるように、今や夏フェスは大人気イベントになりましたね。そこまで音楽好きではない人も恋人や友達に連れられたりしてたくさん訪れ、色々な音楽に一気に触れる一日。音楽が手軽に聴けてしまう世の中で、こういう体感したくなるイベントはやっぱり大事ですね。

 

「止まらないのは夏への期待

 忘れられない夏になるかも」

 

 

君と夏フェス

君と夏フェス

  • provided courtesy of iTunes

 

12.サマーヌード / 真心ブラザーズ

今度は一転して古めの曲を。2013年にこの曲をイメージしたテレビドラマ『SUMMER NUDE』が放送され、主演の山下智久がカバーしたことでも話題になりましたね。

楽し気なピアノから始まり、様々な楽器が取り入れられた賑やかな雰囲気が夏にぴったりです。

何年経っても、夏のワクワク感は変わりませんね!

 

「僕ら今 はしゃぎすぎてる 夏の子供さ

 胸と胸 からまる指

 ウソだろ 誰か思い出すなんてさ」

 

 

サマーヌード

サマーヌード

  • provided courtesy of iTunes

 

 

13.夏蝉 / ASIAN KUNG-FU GENERATION

アジカンが主催したロック・フェスティバル「NANO-MUGEN FES.2008」に出演した全アーティストによるコンピレーション・アルバム『ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION 2008』に収録されています。後に『フィードバックファイル2』にも収録されました。

内容的には「夏の終わり」ですが、サビの勢いとかを考慮して夏プレイリストに入れました。アジカンの夏曲と言えば『夏の日、残像』もありますね。

イントロの音からもうアジカン感があふれ出しています。サビで鳴っているリードギターの焦燥感あるフレーズがかっこいい!

「夏蝉」「Nothing」「夏蝉は泣いた」「何もないな」という言葉遊びも面白いですね。

 

「溶かすような朱の空が心を急かす夕暮れ

 迷い込んだヒグラシが終わりを告げる夢」

 

 

 

夏蝉

夏蝉

  • provided courtesy of iTunes

 

 

14.sexy sexy / 竹内電気

甘い音色のキーボードから始まり、一気に弾ける夏。竹内サティフォいわく、エセナインティーズの空気感を伝えたかったとのこと。中学生の想像するsexy。

間奏ではラテン感がすごいですね。古めかしい雰囲気と合わさって、確かに夏の匂いが漂っています。

 

「きらめく夏の太陽 過ぎ去った甘い夜の

 残り香は胸 擽る」

 

 

sexy sexy

sexy sexy

  • provided courtesy of iTunes

 

 

いかがでしたでしょうか。夏の曲は楽しいものが満載でいいですね!

良い音楽と共に、良い思い出を。

 

動画を貼れなかった曲は冒頭に貼ったSpotifyのプレイリストをチェックしていただくか、apple musicなどのサブスクで探したりiTunesのリンクやmusic.jp から楽曲購入したりしてみて下さい。

他にもこの曲がぴったりだぞ!とかあればぜひコメント欄から教えてもらえると嬉しいです。また、プレイリストのリクエストもお待ちしています!