社宅ROCK!

サラリーマン×ROCK。社宅からエモを叫びます。

【プレイリスト】「東京~上京編~」7選【1993年生まれが厳選するJ-ROCK】

1993年生まれ、J-ROCKに育てられた男がお届けする厳選プレイリスト

時間帯や季節、気持ち、シチュエーションなどのシーン別にぴったりの曲をご紹介していきますので、BGMの参考などにして頂ければと思います。これまで公開したプレイリスト一覧はこちらからどうぞ。

私の青春時代である2000~2015年くらいを中心に選んでいきますが、たまに新しい曲や古い曲も混ぜていきます。選定基準は歌詞、曲調、曲名、テンポ感などがメインです。

 

今回は、「東京~上京編~」プレイリスト7選です!

次の春から上京するという方はたくさんいるかと思います。そこで、期待と不安でいっぱいな皆さんにこそ聞いてほしい曲たちを集めてみました。

今回、「上京編」「数年後」「日常編」の3つに分けて東京プレイリストをご紹介していきたいと思います。先に言っておきますが、半分くらいの曲名が「東京」です。笑

東京に関する曲は、とてもじゃないですが紹介しきれないほど山のようにあります。しかもまた不思議なことに名曲が多んですねこれが。今回は、その中でも絞りに絞ってみましたので、ぜひ3パターンすべて見て頂けると嬉しいです。

 

他の東京プレイリストはこちらをどうぞ。

 

 

f:id:shatakurock:20200310153353p:plain

 

 

 

 

1.東京ハチミツオーケストラ / チャットモンチー 

上京の定番ソングです。 曲調もわくわく感があふれ出していて最高ですね!この単純なドラムとベースがぴったりとハマっています。

歌詞の面白いところは、ちゃんと自分が世間知らずだとか抱いているのが甘い夢だとかを理解した上で、それでもやっぱり上手いことやっていけるんじゃないかというワクワク感が全面的に勝っているという心情です。「そんなに甘くはないよって 早く誰か教えてよ」という挑戦的ともとれる台詞が自信を感じて良いですね。

「夢が夢でなくなる東京」。上京は、今まで憧れていた世界に行くことを実現させるための大きな一歩です!

 

「私はまだやわらかな幼虫 甘い甘い夢を見てる」

 

 

東京ハチミツオーケストラ

東京ハチミツオーケストラ

  • provided courtesy of iTunes

  

 

2.tokyo surf / cinema staff

この曲は「数年後」編に入れようかと迷ったのですが、明るく勢いのある曲調や決意を感じる歌詞だったので上京時に聞いて欲しいと思いました。

いざ東京に来たはいいものの、何もしなかったり後ろを振り返ってばかりでは進む日々の波に流されてしまいます。常に先を見据え、舵を取り、東京の波を乗りこなしてやりましょう!

「ターーカタッカッ」という跳ねるビートが特徴的で、未来への強い期待感を感じますね。(なんか名前あったっけこのビート)

イントロのカッティングフレーズも勢いあってカッコイイですね~~。

下のライブ映像では、8:48から曲が始まります。 

 

「さあ舵を取れよ 鈍く光る東京の街

 涙の跡を取り繕う間も無いままこの波に突っこんで」

 

 

tokyo surf

tokyo surf

  • provided courtesy of iTunes

 

 

3.東京 / くるり

この曲も「数年後」編と迷うところではありますが、「東京の街に出て来ました」 から始まるからには上京のタイミングで聴いておきたいものです。

サビ以外ではつぶやくように、サビでは喚くように声を出すため、「歌う」という言葉があまりしっくりこない曲です。そのせいか、曲が自分の胸に響くとかじゃなくて、それぞれの胸の中に曲があったと表現したほうが近いような存在だと思います。歌詞もそんな雰囲気ですね。

貼ってある動画は、百鬼夜行ver.という人気のライブ映像です。原曲とは雰囲気がちょっと違う部分もありますが、本質的には変わらないでしょう。うねり鳴く様なギターとクリストファーのアツいドラムが見たい方はこちらをどうぞ。 

 

「君がいるかな 君と上手く話せるかな 

 まぁいいか でもすごくつらくなるんだろうな」

 

 

 

東京

東京

  • provided courtesy of iTunes

 

 

4.東京リュックサック / LEGO BIG MORL

これから、いいことも辛いこともいろいろあるんだろうなーとぼんやり思いながら、それでもこれまでのすべてを過去にして進もうとする力強い曲です。

「真新しい息」っていう表現は面白いですね。新しい環境に飛び込んだ自分は、息すらも新しく生まれ変わっていることでしょう。その慣れない息に落ち着かない様子、そんなときに隣にいる君の安心感、といったものが目に浮かびます。

これからのすべてよ、カモン!

 

「真新しい息、隣には君

 少なめの荷物と君を連れ、覚束ない明日へと」 

 

東京リュックサック

東京リュックサック

  • provided courtesy of iTunes

 

5.東京一年生 / 竹原ピストル

上京する人の目線ではなく、東京で揉まれながらも頑張っている人から東京一年生へ贈るエールという面白い視点です。

夢いっぱいで東京に出てきた人からすると、ちょっとテンションを落とされてしまうような曲ではありますが、浮かれた気持ちを落ち着けて、もう一度頑張ろうという気持ちを再確認できると思います。

新しい場所って、自分を心から応援してくれる存在が近くにいないのがとても辛いと思います。そんなときに曲がその代わりを担ってくれるというのは音楽のすばらしいところですね。

 

「暮らしづらいのは 大丈夫 夢があるからさ

 がんばれがんばれ!! 東京一年生!!」

 

 

 

東京一年生

東京一年生

  • provided courtesy of iTunes

  

 

6.東京 / MONO NO AWARE

これも数年後に聞いた方が響くかもしれませんが、まあそこはもうあんま気にしないでください。笑

MONO NO AWAREは、東京だけど東京感のない八丈島出身のメンバーを中心に結成したバンドです。PVでは八丈島の景色が堪能できます。行ってみたくなりますね。

サウンドも歌詞も、飾らず、かつ味わい深いものになっています。

いいインタビュー記事がありましたので、こちらもぜひご覧ください。

(抜粋)「いま地元に帰っても、あの頃と同じ景色や同じ気持ちは決して味わえなくて。でも、地元の人たちはいつも温かい気持ちで迎えてくれる。それって、東京も同じなんじゃないかと思うんです。東京で新しい友達ができると、新たな居場所ができていくじゃないですか。それが自分にとっての故郷になるんじゃないかなって。」

八丈島育ちのMONO NO AWAREと「東京」という街

 

「ふるさとは帰る場所ではないんだよ」 

 

 

東京

東京

  • MONO NO AWARE
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

  

 

7.東京 / GOING UNDER GROUND

もう数年後編に突入してると思ってもらっていいです。笑

結局重要なのは場所じゃなくて、好きな音楽とか、仲の良い人とか、日々の過ごし方とかなんですね。以前はそれらが場所とリンクしていたりもしましたが、もう今の日本ではほとんどの要素が独立してきています。

この曲では電話のベルというもうあまり聞かなくなった表現をされていますが、LINEもテレビ通話も気軽にできる今では、「場所が変わっただけ」とすら言えるようになってきたのかと思います。

 

「終電が行くとわりと静かな街 明るい夜はとても便利です

 寂しい夜もなんとかやってゆける」 

 

 

東京

東京

  • provided courtesy of iTunes

 

 

やっぱり「東京」というテーマの曲は名曲ぞろいですね。

引き続き、「数年後」編と「日常編」も名曲を取り揃えておりますのでぜひご覧ください!いろんな想いが混在した曲も多いので、3パターンの割振りについてはあまり気にしなくていいです。笑 

 

 

動画を貼れなかった曲はapple musicなどのサブスク等でぜひ探してみて下さい。

他にもこの曲がぴったりだぞ!とかあればぜひコメント欄から教えてもらえると嬉しいです。また、プレイリストのリクエストもお待ちしています!