社宅ROCK!

サラリーマン×ROCK。社宅からエモを叫びます。

【プレイリスト】「キャンプ」8選【1993年生まれがおススメするJ-ROCK】

1993年生まれ、J-ROCKに育てられた男がおススメする厳選プレイリスト

時間帯や季節、気持ち、シチュエーションなどのシーン別にぴったりの曲をご紹介していきますので、BGMの参考などにして頂ければと思います。これまで公開したプレイリスト一覧はこちらからどうぞ。

私の青春時代である2000~2015年くらいを中心に選んでいきますが、たまに新しい曲や古い曲も混ぜていきます。選定基準は歌詞、曲調、曲名、テンポ感などがメインです。

 

今回は、「キャンプ」プレイリスト8選です!

グランピングなども含め、近年キャンプが非常に流行っていますね。そんなキャンプのときに必須とも言えるのが、音楽。今回は、昼に聴きたい楽しげな曲から、夕方以降に聴きたいしっとり系までいろいろ集めてみました。この曲たちと共に、非日常のひとときをまったりゆったり味わってください。

 

山登りプレイリストはこちら。

 

 

f:id:shatakurock:20200716182019p:plain

 

 

こちらからSpotifyのプレイリストにいけますので、ぜひフォローよろしくお願いします。  

 

 

  

1.C.A.M.P / Yogee New Waves

まずはタイトルがズバリなこの曲から。ゆるーーく優しい眠くなるような入りから始まり、じわじわとせり上がるような楽しさに満たされます。

BBQとか一通り遊び終わってもう寝る時間だが、まだワクワクが残っていて眠れないというようなキャンプの夜にぜひ聞いてみて欲しいです。「今日は星がとっても綺麗だか~ら~」の部分はみんなで歌いたいですね。

こちらはアルバム『WAVES』に収録されていますが、もうひとつ、アルバム『PARAISO』に収録された「Camp」という表記の別バージョンがあります。こちらはアコギ弾き語りのみの短いものです。下に貼ってある動画のセッション音源もまた最高ですよ!

 

「今日は星がとても綺麗だから

 すこしこっちにきて話さないか」

 

 

 

C.A.M.P.

C.A.M.P.

  • Yogee New Waves
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

2.Goodbye Boredom / DENIMS

カントリー調だけどもしっかりとロックの良さも混じった、とても楽しい曲です。

ベースもギターもわりと動くのですが、嫌らしさとかわざとらしさが無く、心地よく耳に届きます。

終盤のテンポアップ部分ではみんなで踊り狂いましょう。

(抜粋)釜中「DENIMSになって初めて作った曲で、ライヴでも定番になってます。」

    江山「この曲は終盤でおかゆがハジけるので、お客さんと一緒に盛り上がれる点ではライヴに必須の一曲ですね。」

【DENIMS】今のDENIMSが100パーセント分かるミニアルバム | OKMusic

 

「退屈なんだ everyday everynight

 どこかまで連れてって欲しいだけ

 日常の悲しみも洗いざらい歌にして」

 

 

Goodbye Boredom

Goodbye Boredom

  • DENIMS
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

3.THANK YOU FOR THE MUSIC / bonobos

内容的には街中を歌っていますが、関係ありません。サウンド自体はとってもオーガニックな感じで、木々や水のせせらぎを思わせるような音も取り入れられています。大事なのはThank you for the music。木と空と地面と風の中で、全身で感じ取りましょう。

メンバーの入れ替わりを経て、2017年にセルフカバーの『THANK YOU FOR THE MUSIC(Nui!)』もリリースしています。こちらもまたカッコいい仕上がりになっておりますのでぜひチェックしてみてください。ライブでの最後のギターソロがたまらんのです。

 

「空を仰いで 言葉があふれでた

 風に伝って 君をよぶのさ

 Thank you, thank you for the music」

 

 

 

Thank You for the Music

Thank You for the Music

  • provided courtesy of iTunes

 

 

4.WILD WILD PARTY / サニーデイ・サービス

サニーデイ・サービスが2000年に一度解散する前のラストアルバムで最後に収録されている曲です。そのせいでしょうか、この楽し気な歌の中に寂しさとか涙が詰まっているように聞こえてきます。

大勢でのキャンプでは、みんなで手を叩きながらこんな曲を演奏するのも素敵ですね。アコギでもカスタネットでもリコーダーでもいいので、何かしら楽器を持っていきたいものです。

 

「人生はBIG PARTYだって

 いつだって分かってる」

 

 

WILD WILD PARTY

WILD WILD PARTY

  • provided courtesy of iTunes

 

 

5.Peace Tree feat.BOSE(fromスチャダラパー)、AFRA / ハナレグミ

スチャダラパーBOSEヒューマンビートボクサーAFRAとのコラボ楽曲。

キャンプにヒューマンビートボクサーを連れて行ったらもう最強ですね。絶対盛り上がるじゃないですか。アンプラグドでもここまで素敵な音楽が作れるんだと気づかせてくれる曲です。

時間帯としては、夕方から宵の口あたりですかねやっぱり。キャンプで一番好きな時間帯です。

 

「カラダが気づく ココロが響く

 そんなメロディーが世界に染みる

 詰まったら 深くブレス

 ここだけゆっくり時が流れる」 

 

 

 

6.Pink Jungle House / never young beach

ゆったり系ばかりでは面白くないので、こちらは真昼間にうきうき踊れる曲です。この南国感溢れるギターの音がまた目の前の景色をグレードアップしてくれます。

動物の鳴き声がいっぱい入っていてジャングル感を出しているのも面白いですね。アウトドアと言えばやっぱり冒険しなければ!

 

「どこへ行こうか

 ジャングルの奥へ行こうか」

 

 

Pink Jungle House

Pink Jungle House

  • provided courtesy of iTunes

 

 

7.Laurentech / SPECIAL OTHERS

スペアザの代表曲。彼らの曲はどれもキャンプに合いますし、しかもそれぞれ色んな時間帯に適しているので選ぶのに悩みましたが、一番どっぷり音楽に浸かれそうなこの曲にしてみました。

元々はタワレコ限定シングルとして発売されたようですが、即完売となり入手できなかったファンの熱い要望で配信やアルバム収録されました。

下に貼ってある歌詞は合ってるか定かではないらしいですが一応。「Laurentech」というのは造語で、「何でもないもの」という意味なんだとか。よく分からないですがとりあえず一緒に口ずさみたくなりますね。

このライブ映像がまたいいんですよ~~~。ハーモニカの寂しい響きから、最高のギター。燃え上がるようなラスト。あえて断言します、これこそが本物の「エモい」なのです。

 

「you give me what I am  you know it is Laurentech」

 

 

 

Laurentech

Laurentech

  • provided courtesy of iTunes

 

 

8.くもり空 / つじあやの

最後はとてもほっこりした気持ちになれる曲を。これ分かる方は相当コアな方だと思います。笑

ポロンポロンというウクレレがいい具合の空気を作り出しています。「いやなことも つらいことも どんなことも忘れて」というような歌詞もちょうど心地いいですね。

天気が変わりやすい山では、曇ってしまうことも多いです。 そんなときにもめげずに、ぜひこの曲を流してみてください。

 

「ただよう雲の流れに心まかせたら

 君の笑うあの町に行けるかな」 

 

くもり空

くもり空

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

2000年代前半に多かった疾走感のあるJ-ROCKより、最近のオシャレ寄りの曲が多くなりました。あらゆるシーンで音楽が聴けるようになり、それに合わせて幅も広がってきたのかもしれませんね。

 

動画を貼れなかった曲は冒頭に貼ったSpotifyのプレイリストをチェックしていただくか、apple musicなどのサブスクで探したりiTunesのリンクやmusic.jp から楽曲購入したりしてみて下さい。

他にもこの曲がぴったりだぞ!とかあればぜひコメント欄から教えてもらえると嬉しいです。また、プレイリストのリクエストもお待ちしています!