社宅ROCK!

サラリーマン×ROCK。社宅からエモを叫びます。

【プレイリスト】「晴れドライブ」15選(1/2)【1993年生まれがおススメするJ-ROCK】

1993年生まれ、J-ROCKに育てられた男がおススメする厳選プレイリスト

時間帯や季節、気持ち、シチュエーションなどのシーン別にぴったりの曲をご紹介していきますので、BGMの参考などにして頂ければと思います。これまで公開したプレイリスト一覧はこちらからどうぞ。

私の青春時代である2000~2015年くらいを中心に選んでいきますが、たまに新しい曲や古い曲も混ぜていきます。選定基準は歌詞、曲調、曲名、テンポ感などがメインです。

 

今回は、「晴れドライブ」プレイリスト15選です!

晴れた日のドライブは最高に気持ちいいですよね。そして誰もが音楽と共にドライブを楽しむのではないでしょうか。ドライブの気持ちよさを何倍にもしてくれる名曲たちを揃えましたので、いちいち曲を選ぶのがめんどくさいなーという人もこのプレイリストを流しておけば間違いありません。

他にも、「晴れた日の散歩」「雨ドライブ」といったプレイリストも公開しているのでぜひご覧ください。

 

それではまず前半分の8曲をどうぞ。

 

f:id:shatakurock:20200818004535p:plain

 

 

こちらからSpotifyのプレイリストにいけますので、ぜひフォローよろしくお願いします。
Spotifyに無かったので、1曲足りていません。

 

 

 

  

1.sailing day / BUMP OF CHICKEN

映画『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』の主題歌。

だんだん音が近づいてくるイントロは、始まりを感じさせてワクワクさせてくれますね。煌びやかなギター、せわしなく動き回るベース、喉で叫ぶボーカルなどから強い推進力を感じます。

青空のもと、いざ出航!という感じで流してみてください。

 

sailing day 舵を取れ

 夜明けを待たないで 帆を張った 愚かなドリーマー」

 

 

sailing day

sailing day

  • provided courtesy of iTunes

 

 

2.Sunny Morning / フジファブリック

勢いMAXのイントロからもう最高ですね。かと思えば、サビではテンポががくっと落ちて開放感に包まれる。晴れドライブの、特に朝とかにはぴったりすぎる曲です。

「はい~~快~~晴~~!」はぜひみんなで合唱したいところですね。

 

「どこかに行くなら カメラを持って

 まだ見ぬ世界の片隅へ飛び込め!」

 

 

Sunny Morning

Sunny Morning

  • provided courtesy of iTunes

 

 

3.cream soda / スーパーカー

いや~~これも晴れドライブには欠かせません。何て言うんですかね、このごちゃごちゃ感とさっぱり感が仲良く同居してるところが素晴らしいと思います。

この単純なリフがなぜこんなに良いのでしょうか。ソロも晴れ成分たっぷりで気持ちいいです。

 

「昨日また僕が白い目で見た夢は

 この広い空と君との話だよ。」

 

 

 

cream soda

cream soda

  • provided courtesy of iTunes

  

 

4.イージュー★ライダー / 奥田民生

数々のCM曲などに使われ、カバーも多くされてきた名曲。発売されたのは1996年ですが、今聴いてもまったく色あせていません。

奥田民生はドライブ系というか旅系の曲をけっこう歌っていますが、やっぱりなんだかんだこの曲を聴きたくなります。

「ドライブ」というシーンから「青春」というテーマに触れるのですが、それをあくまで「ドライブ」の温度感で口ずさむのが最高です。

「何もないな 誰もいないな 快適なスピードで

 道はただ延々続く 話しながら 歌いながら」

 

 

イージュー★ライダー

イージュー★ライダー

  • 奥田 民生
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

5.STAND BY ME / Base Ball Bear

エネルギーに満ちた明るく爽快な歌です。若さの音がしますね!

最初にドゥーンって1音鳴らすのがいいですね。あれだけで期待感がぐっと高まります。Bメロからサビまでの流れもなかなか独特で、面白いですね。

テンポ自体がめちゃくちゃ速いわけではありませんが、ついスピードを上げたくなってしまうような曲です。

 

「胸騒ぎするほど無重力の スカート翻り 都市の中

 桜と海と白雪を散らして 駆け出したいのだ 17歳の空へ」

 

 

STAND BY ME

STAND BY ME

  • provided courtesy of iTunes

 

 

6.水色革命 / NUMBER GIRL

もうタイトルからかっこよすぎますね。名曲臭を醸し出しすぎです。

初期の曲ということもあって、タイトル通りナンバガの中で屈指の爽やかさを誇る曲だと思います。爽やかとはいえ、もちろんアツさも健在。

アルバム『SCHOOL GIRL BYE BYE』に収録されていますが、サブスク等に見当たらなかったのでライブ音源を貼っておきます。

 

「幻の水色ガールの笑顔は

 意識のむこうに遠く飛んでいった

 そのあとは夢かもね」

 

 

水色革命

水色革命

  • provided courtesy of iTunes

  

 

7.僕がハクビシンだったら / andymori

1分半の短い時間を駆け抜けるような曲。 BPMは250くらいで、跳ねるようなリズムと合わさってとても楽しい曲です。

「いつも最低いつも最低最高最低~」っていうフレーズが無性に歌いたくなるんですよね。

たくさんの最低の中にぽつんと浮かぶ最高を全力で楽しんでいる、そんな感じがします。

 

 「あのこはいつもいつもいつもの笑顔で素敵です眩しいです」

 

僕がハクビシンだったら

僕がハクビシンだったら

  • provided courtesy of iTunes

 

 

8.赤いゴーカート / TRICERATOPS

晴れた空には、こういう気取らない音が一番です。

元気でパワフルな雰囲気の曲ですが、よく聞くとサビのコード進行が凝っていたりして味わい深いです。

少し脱力した、大人の渋さを感じる爽やか曲です。

 

「赤いゴーカートにエンジン もう一度かけて走り出すんだ

 あの日描いた未来が 埃かぶったままで 僕を呼ぶんだ」

 

 

 

赤いゴーカート

赤いゴーカート

  • provided courtesy of iTunes

 

 

後半分もぜひご覧ください!

 

動画を貼れなかった曲は冒頭に貼ったSpotifyのプレイリストをチェックしていただくか、apple musicなどのサブスクで探したりiTunesのリンクやmusic.jp から楽曲購入したりしてみて下さい。

他にもこの曲がぴったりだぞ!とかあればぜひコメント欄から教えてもらえると嬉しいです。また、プレイリストのリクエストもお待ちしています!