社宅ROCK!

サラリーマン×ROCK。社宅からエモを叫びます。

【プレイリスト】「おしゃれパーティー」15選(1/2)【1993年生まれが厳選するJ-ROCK】

1993年生まれ、J-ROCKに育てられた男がお届けする厳選プレイリスト

時間帯や季節、気持ち、シチュエーションなどのシーン別にぴったりの曲をご紹介していきますので、BGMの参考などにして頂ければと思います。これまで公開したプレイリスト一覧はこちらからどうぞ。

私の青春時代である2000~2015年くらいを中心に選んでいきますが、たまに新しい曲や古い曲も混ぜていきます。選定基準は歌詞、曲調、曲名、テンポ感などがメインです。

 

今回は、「おしゃれパーティープレイリスト15選です!

パーティーには音楽が必須ですよね。一口にパーティーと言っても、ワイワイ盛り上がるタイプのアゲアゲパーティーとしっとり会話を楽しむおしゃれパーティーに分けられると考えたので、今回は後者に合った曲をセレクトしました。おしゃれパーティーという言葉がダサいとかそういうことは置いといてください。

寒い冬、室内で鍋パ、たこパ、ボドゲパーティーとかいろんなパーティーが開かれていることでしょう。このプレイリストで一気に空間をパーティー仕様にデザインできますよ!

まずは前半分8曲をどうぞ。

f:id:shatakurock:20200124094846p:plain



 

 

1.水星 feat. オノマトペ大臣 / tofubeats

まずは言わずと知れたこの曲から。TV番組「水曜日のダウンタウン」でBGMとして使われまくっているので、曲名を知らなくてもイントロを聞いたことがあるという方は多いかと思います。tofubeatsの代名詞と言える曲ですね。

ただ実はこの曲、元ネタがあるんです。今田耕司テイ・トウワが「KOJI1200」として活動した音楽プロジェクトの「ブロウ ヤ マインド~アメリカ大好き」という曲のフレーズをそのまま使っています。そしてさらにその元ネタは、ダウンタウン扮するGeisha Girlsの「Blow Your Mind」という曲のようです。だから水曜日のダウンタウンで使われているんですね~。

リリースされたのが2012年。このメロウなテクノ感といいますか、現代のシティポップの先駆けとなった存在と言える曲でしょう。カバー、リミックス等もたくさん存在するのでぜひ探してみて下さい。

 

「君がまだ知らぬ夜があり 僕がまだ知らぬ朝がある」

 


tofubeats - 水星 feat.オノマトペ大臣(PV)

 

水星(Original mix) [feat. オノマトペ大臣]

水星(Original mix) [feat. オノマトペ大臣]

  • tofubeats
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 

 

2.Alternative Dancer / ストレイテナー

この曲はとにかくギターの音が心地よくて大好きです。フェイザーなどいろんなエフェクターを使って多彩な音作りをしているのも楽しげでいいですね。 生き物のように動くベースにも注目です。ボーカルのaikoみたいな絶妙な音程感が、いい脱力感を醸し出しています。

 

「踊ろう 僕らも愛を奏でて」

 


ストレイテナー「Alternative Dancer」from Blu-ray/DVD「Step Into My World TOUR 2016」

 

Alternative Dancer

Alternative Dancer

  • provided courtesy of iTunes

 

 

3.Orphans / cero

なんとも楽しげな口笛が印象的なイントロから始まります。浮遊感のあるクラリネット、素朴に響くトランペット、まろやかなキーボード、ワウの効いたギター、力の抜けたボーカル、、、、、もう鳴っている全ての音がとてつもなく愛おしいです。私が女の子なら、ホームパーティーでこんなの流されたら確実に惚れます。

ceroの良いところが余すところなく出ている、大名曲です!

 

「休んだあの子は海みて泣いてた

 クラスメイトの奔放さが ちょっと笑えた」

 


cero / Orphans【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

 

Orphans

Orphans

  • provided courtesy of iTunes

 

 

4.Taipei / the band apart

ここまできて気付きましたが、やっぱりおしゃれさを漂わせる曲はモデュレーション系のエフェクターを使って音を良い感じに揺らしているものが多いですね。見慣れた街のようでどこか違う、異国の夜を歩く浮遊感が感じられます。

「20 years」というベストアルバム(再録)にも収録されていて、こちらではライブのようにアウトロが長くなっています。以下、20 yearsの歌詞カードに記載されたメンバー所感をどうぞ。

「綺麗な表通りを一つ曲がっただけで現れるローカルな街並みにものすごく心惹かれてしまい、時間の許す限りとにかく街を歩きまくっていたのを覚えている」(木暮)

「ライブで化けた曲の典型」(荒井)

「ラストのインストの部分はライブでは適当にやりすぎていたので再録の時は苦労しました」(川崎)

「ダークなダンスミュージックみたいですきです」(原)

 

「But I lost her name in Taipei」

 


the band apart - taipei

 

Taipei

Taipei

  • provided courtesy of iTunes

 

 

5.THUNDERBIRD / 大橋トリオ

 2019年リリースという新しさですが、入れたかったので選びました。なんだかおしゃれというかエロさを感じる曲です。Aメロボーカルのメロディーラインやサビの裏声がまたセクシーですね。ラスサビにいくかと思いきや始まるキーボードソロは、大橋トリオのジャジーな部分が前面に出ていてめちゃくちゃかっこいいです。

 

「眼に映る全て君の色に染まって前が見えない」

 


大橋トリオ / THUNDERBIRD (music video)

 

THUNDERBIRD

THUNDERBIRD

  • provided courtesy of iTunes

 

 

6.to the light / 竹内電気

これもまたワウとキーボードと乾いたギターの音が心地良いですね~~。ゆったりしていますが、バンドで合わせようとするとノリを出すのがとても難しいタイプの曲だと思います。ギターソロも、PVの斉藤さんがエアギターしちゃう気持ちが分かるくらい気持ち良いフレーズですね。アウトロもキーボードからギターへと続くソロパートが暴れ回っていて最高です!

 

「崖に立って 服を脱いで でもやっぱ 躊躇して

 もう止めって 誰か言って 恐がりのくせに」

 


to the light - 竹内電気

 

to the light

to the light

  • provided courtesy of iTunes

 

 

7.I mean love me / LOVE PSYCHEDELICO

こちらは、クール系のおしゃれソングです。音数があまり多くなく抑揚も大きくはないので、さっぱりとした大人なムードが醸し出されています。思わず部屋の照度を少し落としたくなるような曲調ですね。

 

「I will tell you about love

 I mean love me」 

 


Love pyschedelico - I mean love me (MV) with lyric

 

I mean love me

I mean love me

  • provided courtesy of iTunes

 

 

8.マカロニ / Perfume

1文字1文字を一定のリズムで発する独特なボーカルが、絶妙なグルーヴ感を演出しています。この割と淡々とした流れの中で、心を揺さぶる音選び、そして人々の耳に馴染みやすいポップさは流石としか言いようがありません。

ふたりのちょうどいい関係性、それがマカロニなんです。 

ちなみに、最初にご紹介した「水星」のマカロニmixバージョンなんてのがyoutubeにアップされていました。とてもマッチしていて心地よいのでそちらもぜひ。

 

「名前を呼び合うときに 少しだけ照れるくらい

 そんな空気もいいよね やわらかいよね」

 


[Official Music Video] Perfume 「マカロニ」

 

マカロニ

マカロニ

  • Perfume
  • エレクトロニック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

後半分7曲については次の記事をご覧ください。

パーティーは長いものですので、飽きさせないような音楽を途切れず流し続けることが雰囲気作りのためには重要ですよ!

 

動画を貼れなかった曲はapple musicなどのサブスク等でぜひ探してみて下さい。

他にもこの曲がぴったりだぞ!とかあればぜひコメント欄から教えてもらえると嬉しいです。また、プレイリストのリクエストもお待ちしています!