社宅ROCK!

サラリーマン×ROCK。社宅からエモを叫びます。

【プレイリスト】「雨上がり」8選【1993年生まれがおススメするJ-ROCK】

1993年生まれ、J-ROCKに育てられた男がおススメする厳選プレイリスト

時間帯や季節、気持ち、シチュエーションなどのシーン別にぴったりの曲をご紹介していきますので、BGMの参考などにして頂ければと思います。これまで公開したプレイリスト一覧はこちらからどうぞ。

私の青春時代である2000~2015年くらいを中心に選んでいきますが、たまに新しい曲や古い曲も混ぜていきます。選定基準は歌詞、曲調、曲名、テンポ感などがメインです。

 

今回は、「雨上がり」プレイリスト8選です!

まったり系「雨の日」、クール系「雨ドライブ」と続いて、雨シリーズ最後は爽やか系の雨上がりです。あの雨上がりの空気感ってなんともたまらない爽快感がありますよねー。街中をキレイに洗濯した後というか。そういう爽快感・開放感を何倍にもしてくれる曲達をご用意しました。

さくっと8曲にまとめたところ、あまりにも名曲揃いになってしまいました。全曲必聴です!

 

f:id:shatakurock:20200630141707p:plain

 

 

こちらからSpotifyのプレイリストにいけますので、ぜひフォローよろしくお願いします。

 

 

  

1.雨上がり / レミオロメン

タイトルが「雨上がり」なだけあって、歌詞も曲調もぴったりです。

ピッチシフターとフランジャーを掛けたイントロのギター音が印象的ですね。もやもやがパッと晴れたような開放感を与えてくれます。

溜まったエネルギーを爆発させたくなるような曲ですね。

 

「雨のち晴れ模様 大事なもの胸ポケットの中

 歩けばほら いい事が起こりそうな気がする 雨上がり」

 

 

雨上がり

雨上がり

  • provided courtesy of iTunes

 

 

2.RAINBOW / LEGO BIG MORL

TVアニメ「ブレイドアンドソウル」のエンディングテーマ。

雨上がりといえばやっぱり期待するのが、虹ですよね。見た目の綺麗さはもちろん、希望の象徴みたいに捉えられることの多い虹。1年の活動休止期間を明けたタイミングでこの曲をリリースした彼らもそんなイメージを持っていたのではないでしょうか。

(抜粋)カナタ:「初期衝動が詰まった1曲になったんです。子供心が詰まった1曲というかね。ギターフレーズだけで成り立ってしまった曲だったんですよ。」

【インタビュー】LEGO BIG MORL、新作『RAINBOW』と復活、新たな始まりを語る | BARKS

 

「太陽は見えなくとも

 show me rainbow after the rain

 

 

RAINBOW

RAINBOW

  • provided courtesy of iTunes

 

 

3.橙 / ASIAN KUNG-FU GENERATION

マジックディスクの実質的な最後の曲。(この後の『ソラニン』はエキストラトラックという扱い)

このアルバムあたりから、純粋な王道J-ROCKだった曲調に様々な色や側面が見えるようになってきたと思います。この曲も、楽しくポップな雰囲気の中にせつなさやノスタルジーを感じます。

この曲の歌詞、すごく好きなんですよねー。圧倒的に隠喩が多いのに、妙に情景が浮かんでくるというか。表現もポップで楽しいです。

 

「涙が落ちて 海に注いで 何時しか空まで戻るような

 何一つ残らなくたって 君が笑えば それで

 雨が上がって 頬が乾いて その跡に虹が架かるような

 そんな時を想っているよ」

 

 

橙

  • provided courtesy of iTunes

 

 

4.センチメンタル過剰 / NUMBER GIRL

正直このプレイリストを作るまで、これが雨上がりの曲だと思っていませんでした。歌詞聞き取れてなかったので(笑)。

一歩間違えれば、途端にダサく響いてしまうようなギターフレーズが特徴的。イントロで入って来たときもそれまでの重めサウンドからは予想外のノリですし、Aメロでボーカルの隙間を埋めるように弾かれるのも音・フレーズ共に非常にさっぱりしたどこか頼りない印象。それが、これまた独特な向井秀徳のボーカルと合わさって奇妙な空気感を作り出しています。

そうつまり、センチメンタルが過剰なんです。

 

「街の中へ消えてゆく 感傷の風景を

 俺はずっと見ていた

 雨あがりの道路は そんな俺を笑うように

 きらきら光っていた」

 

 

センチメンタル過剰

センチメンタル過剰

  • provided courtesy of iTunes

 

5.ウェザーリポート / BUMP OF CHICKEN

雨が上がったのに差したままの傘、それを、心を隠している道具という風に捉えた曲です。

ギターのリフは軽快で、思わずこの楽し気なボーカルラインができたのも頷けます。このリフは学校のチャイムがモチーフとなっているらしく、チャイムに使われる「ド、レ、ミ、ソ」の半音下げを使って構成されています。

イントロからAメロまでコードが変化せず、ふわふわした感触に襲われます。小刻みなベースラインも面白いですね。 

 

「雨上がり差したまんま 傘がひとつ

 決まり通り色を踏んで 濡らした紐靴」

 

 

ウェザーリポート

ウェザーリポート

  • provided courtesy of iTunes

 

 

6.雨上がりに見た幻 / the pillows

pillowsの20周年記念シングルとしてリリースされた曲。

「雨上がりに見た幻」というのはつまり「虹」のことです。ジャケットやタイトル、キーワードなどが『ハイブリッド レインボウ』とリンクしていますが、特にアンサーソングとかいうわけではないようです。

サビでは非常にアツくなりますが、個人的にはAメロ最初の「ジョークは笑うのが礼儀さ」の部分がたまらなく良いと思います。

(抜粋)「要するにバンドソングなんですよ。the pillowsのことを歌いたかっただけです。」

【the pillows】 | OKMusic

 

「千年後の雨になって

 僕らは降るだろう

 太陽とも解り合って

 虹を出せるかな」

 

 

雨上がりに見た幻

雨上がりに見た幻

  • provided courtesy of iTunes

 

 

7.サリー / 大橋トリオ

ドラムなどパーカッションを中心にシンセが使われていますが、びっくりするくらいの温かい曲。アコギの音と大橋トリオの優しい歌い方がとても心地よいです。

MVは、大橋トリオのファンである斎藤工が初監督した作品。『Cerry Pie』『PARODY』と共に3曲合わせたMVとなっており、「男たち編」「青年編」「少女編」の3部構成です。1曲のみ切り取った動画もUPされていますが、やはり通して見てもらいたいので完全版を貼っておきます。

 

「晴れのち曇り時々雨

 まるで君みたいな空さ」

 

 

サリー

サリー

  • provided courtesy of iTunes

 

 

8.雨上がり / きのこ帝国

きのこ帝国の新しい側面を見られた曲です。どちらかというと焦燥感を中心に構成されていたそれまでの曲と比べ、驚くほどの脱力感。歌っている感情はこれまでのように悲しみとかせつなさとかそんな類のものなのですが、それを優しくふんわりとした音の中に置いています。

これまでの曲もそうでしたが、雨上がりというのはやはり前向きな気持ちにさせてくれるんですね。

 

「忘れていた日々を思い出す

 雨あがり、空が青すぎて

 ひとり立ち尽くす

 痛みも失くして」

 

雨上がり

雨上がり

  • きのこ帝国
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

いかがでしたでしょうか。前向きで爽やかな曲が多く、名曲ぞろいのプレイリストとなりました。この曲たちと共に、雨上がりの空気感を味わいに行ってみてください。

 

動画を貼れなかった曲は冒頭に貼ったSpotifyのプレイリストをチェックしていただくか、apple musicなどのサブスクで探したりiTunesのリンクやmusic.jp で楽曲購入したりしてみて下さい。

他にもこの曲がぴったりだぞ!とかあればぜひコメント欄から教えてもらえると嬉しいです。また、プレイリストのリクエストもお待ちしています!